スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ご協力お願いします。
FC2 Blog Ranking

               

JRの運賃

この件です。


長距離を移動するときは、A~C地点までを行くときに、A~Cまでのきっぷを買うよりも、間にあるB駅で降りて、A~B、B~Cのきっぷを別に買った方が安くなることがあるという話です。


さてまずJR(本州)の距離と乗車賃の換算表です。


これを見て、安くなる理由は、2つ考えられます。


まず表の中で、具体的に数値をあげてみましょう。
81kmから90kmは、1,450円
91kmから100kmは、1,620円
181kmから200kmは、3,260円
になっています。


例えば、A駅からB駅までが95km、B駅からC駅までが95km、合計190kmという設定にします。
すると、バラバラに乗ると、1,620円+1,620円=3,240円になります。
合計の距離は190kmなので、3,260円、長距離一本の方がほんの少し高くなります。


これはおそらく、市民の足としての列車、つまり短距離は割安にし、旅行や仕事で使う長距離は高額に設定するためでしょう。
ただ、逆に距離がとんでもなく増えまくると、一括で買った方が安くなるようです。
単純に比例にちかい金額設定になっていないため、このようなことが起こるようです。


もう一つ、
あ、P駅からQ駅までが91km、Q駅からS駅までが92km、合計183kmという設定に、
い、P駅からR駅までが85km、R駅からS駅までが98km、合計183kmという設定にします。
全部通して買う場合、3,260円になりますが、
あ、の場合、1,620円+1,620円=3,240円
い、の場合、1,450円+1,620円=3,070円
距離に対しての運賃が階段状に上がっていくため、うまいこと距離のタイミングがあうと安くなる、という理由もありそうです。


まあ、きちんと検討したわけではありませんが、このように分けて買った方が運賃が安くなることがあるということに納得ができましたのでOKです。


今まで途中下車すると初乗り運賃の分だけ高くなると思いこんでいましたので、それが解消されました。


こんなサイトもあるようです。


ではまた。






ご協力お願いします。
FC2 Blog Ranking

               

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
本の紹介(Amazon)
プロフィール

oonoma

Author:oonoma
食べることと呑むことが大好き
写真を撮るのは下手でも好き

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクしてくださった方
料理道具(Amazon)
QRコード
QRコード
初心者向けサーバー Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。