スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ご協力お願いします。
FC2 Blog Ranking

               

クレヨン社

記憶のままに書きます。


最初の接点は、まんがで読む古典の雨月物語でした。


OPが「いつも心に太陽を」で、
EDが「辻が花浪漫」だったはずです。


どちらの曲も、今もってクレヨン社の楽曲の中でお気に入りのトップを争うような曲です。そんな2曲にほぼ同時に出会いました。衝撃です。


「いつも心に太陽を」は、昔懐かしい「ドングリ音楽会(分かるのは同年代以降でしょう)」で歌われそうな曲。うーんわかりにくい。グリーングリーンなんかよく歌われていましたね。


「辻が花浪漫」の方は、和曲っぽくなっており、切なさ、悲しさと、少し怖さを感じる曲に仕上がっています。
子供の声や、様々な楽器の音などが入り、すごく惹かれました。


今ならAmazonで検索するとざくざく出てきますが当時はレコード屋をはしごして探し回るしか方法がありませんでした。


その中の1軒で発見できたCDには、「新しいのに懐かしい」とキャッチコピーが書かれており、すごく納得しました。
このころに買った音楽が人生で最もリピートの多い曲なのでしょう。
NECレーベル(「NECアベニュー」だったでしょうか?)なのも驚いた点です。


その後、なんだかんだで、シングル以外のCDは自宅にそろっている状態だと思います。
発掘には時間がかかるでしょうけどね。


クレヨン社公式サイト「クレヨン社はまだいるぞ!」
クレヨン社公式ブログ「クレヨン社はここにいる。」


興味を持たれましたら、とりあえず、Youtubeあたりで検索してみてください。
あえてここには貼り付けません。


好きな曲は、たくさんあるのですが、


痛み……クレヨン社風ロック。
オレンジの地球儀……個人的に「笑うミカエル(第1巻) (第2巻) 」のEDテーマ。
地球のうた……人間は地球を間借りしているだけなのだな、と思わされました。
少年の時間……某投稿雑誌で、黒髪の魔術師の被保護者のイラストにこの曲の詩が添えてあるのを見て納得した記憶があります。
夕映えのグラウンド……ラストのあれ(内緒)で鳥肌が立ちました。
ノラ……元気になれます。

他にも、「星など見えぬ街で」「手の中の魔法」「紅い国境」「かぎとりぼんのはなし」などいろいろと好きな曲があります。もちろんNEC以降の曲も「暁の宙」などもたいへん良い曲です。


詩の内容を見る・考えるようになったのもクレヨン社に触れた以降です。
もともとあまり歌詞については考えないようにしていました。声は楽器の一つだ、というように。
自分にとっては、かなりの衝撃だったということですね。


ではまた。





ご協力お願いします。
FC2 Blog Ranking

               

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
本の紹介(Amazon)
プロフィール

oonoma

Author:oonoma
食べることと呑むことが大好き
写真を撮るのは下手でも好き

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクしてくださった方
料理道具(Amazon)
QRコード
QRコード
初心者向けサーバー Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。